ラストコップのネタバレは?過去のあらすじのおさらいを連ドラ前に!

15スペシャルドラマから始まり、動画配信サイトHuluで続編が放送されるとたちまち話題作に!超人気ドラマ『ラストコップ』が、日本テレビの連続ドラマとして帰ってきます。

過去の放送を見逃してしまった方や忘れてしまっている方もいると思います。

今回は『ラストコップ』の過去のあらすじのおさらいに合わせて、ネタバレ予想もしていこうと思います。

ラストコップとは?

原作となるのは、ドイツで2010年から放送されている連続ドラマ『DER LETZTE BULLE(英題:THE LAST COP )』で、現在はシーズン52013年)まで放送されています。

その人気は、ドイツ国内でけにとどまらず、フランスやロシア&ウクライナの共同制作でリメイクされるなど、世界を巻き込んだドラマになっています。

日本でも、原作の『DER LETZTE BULLE』は動画配信サイトHuluでも視聴することが出来ますので、気になる方は見てみて下さい。

日本でも『ラストコップ』として、リメイクされたわけですが…登場人物の関係性や大枠の背景などは原作と殆ど変わらず、めぼしいところで言うと目を覚ますまで、30年かかったところ、原作では20年という設定とですね。

この部分は、主演の唐沢寿明(からさわとしあき)さんの実年齢も加味してのことかもしれませんね。

それと、宮川一朗太(みやがわいちろうた)さんが演じる元妻の再婚相手で元部下の鈴木誠は、原作では法医学者という設定で、再婚はしておらず恋人同士です。娘の育ての親というのは一緒ですね。こちらも、同じ警官という方が関係性が解りやすいので設定を変更したのでしょう。

ラストコップの過去のあらすじとは?

20156月。捜査中の事故で昏睡状態となった男・京極浩介(唐沢さん)が30年ぶりに目を覚ました。京極は、横浜中央署の若手刑事・望月亮太(窪田さん)と共に、30年前に追っていた凶悪犯“カグラ”とその組織を壊滅に追いやり、時間を超えた因縁に蹴りをつけた。あれから1年――。京極と亮太は相変わらず同じ部屋で一緒に暮らしていた。亮太と結衣(佐々木さん)は間もなく交際1年になるが、京極は頑なに2人の関係を許してはいなかった。京極の元妻・加奈子(和久井さん)は、鈴木誠(宮川さん)と夫婦円満で幸せに暮らしている。京極、亮太を招いての「気まずい晩さん会」も月に1度のペースで開かれていた。京極と亮太は、この1年、数多の凶悪事件を解決に導いていた。亮太も1年前の草食系お坊ちゃんから嘘のような変貌ぶりを遂げ、ルール無視、強引で破天荒な2人の捜査方法は、時に問題となったが、いまや神奈川地区ナンバーワンの圧倒的な検挙率と貢献度から、全て黙認されていた。横浜中央地区にとんでもない「スタジャンと痩せマッチョ」のコンビがいる。それは警察のみならず、裏社会でも噂になっていた。そして2016年、新しい物語が始まる――。

引用元 http://www.ntv.co.jp/lastcop/

なんといっても、主演の唐沢寿明さんと、他ではあまり見ることのないハイテンションな窪田正孝(くぼたまさたか)さんの痛快ドタバタな掛け合いは見どころの1ですね。

若いころはスーツアクターとして、特撮モノでアクション俳優をしていた唐沢さんのアクションシーンも見物で、53歳とは思えない身のこなしをしています。

唐沢さんが演じる京極は、唐沢さんが「演技をしている」というよりバラエティ番組に出演している時のような破天荒で、お茶目なキャラクターで、普段の唐沢さんにより近いのかもしれませんね。

窪田さんは、『DEATH NOTE』の夜神月のようなちょっと陰湿な印象が強かったのですが…

今回の亮太役は「こんな大きな声で叫ぶんだ」と思うほど、よく叫んでいます。オヤジギャグや破天荒な言動の多い京極に、いつも大げさなほどのツッコミを入れているところは、『ラストコップ』はコメディドラマなんだなと再確認出来るシーンですね。

他の出演者の方々は、もちろん個性的な方々も多いのですが…『ラストコップ』でしか見られないであろうキャクターを演じていたり、明らかに釣られているなとわかるワイヤーアクションなどもコメディドラマとして成立してしまっているところは『ラストコップ』ならではといえるでしょう

以下にキャスト一覧をまとめています!

[blogcard url=”https://dorama-netabare.com/archives/3036″]

30年間、眠り続けた京極の失われてしまった時間には正直感動を覚えるシーンも散りばめられています。特に、娘に結衣(佐々木希)に本当の父親だとバレてしまい、「なぜ、言ってくれなかったの?」と問いつめられたシーンは、唐澤さんに「さすが役者!」と言いたいくらいのギャップにやられてしまいました。

ラストコップのネタバレとは?

今回は、連続ドラマということなので、大枠は刑事ドラマで、京極と亮太がコメディを織り込みつつ事件を解決していく感じになるでしょう。

Episode1から、引き続き存在している「カグラ」を京極が追い続けるのでしょうが、初代「カグラ」は、現在服役中で、京極の元先輩刑事の遠藤勇二(佐野史郎)が自分の野望のために爆死させている。その時、爆発に巻き込まれた京極は30年間眠り続ける事になったわけですが、その間、「カグラ」を組織し、犯罪に手を染めていた遠藤をEpisode7までで逮捕に至ったわけですが、逮捕時に遠藤は「俺を捕まえてもカグラはまた現れる」的な事を言っていました。

結局の所、犯罪組織が凶悪な「カグラ」の名を語り犯罪を繰り返していくので、「カグラ」の意思と象徴が引き継がれていったしまっている状態に京極はいかに立ち向かい、壊滅させていくかということなのでしょう。

この設定であれば、エンドレスにストーリーは続きますし、原作でも全60話と長編ドラマになっているので、どのタイミングで『ラストコップ』の終止符を打つのかにも注目ですね。

おそらく、エンディングでは結衣と亮太が結婚し、元妻の加奈子(和久井映見)と復縁するかと思われた京極は、それまで加奈子と結衣を支えてくれた誠に二人のこれからを頼み、再び「カグラ」との戦いの場に戻っていく…

そんな結末なんてどうでしょうか?

まとめ

スペシャルドラマから動画配信サイトを経由して、人気の後押しで地上波に連続ドラマとして帰ってくる『ラストコップ』のあらすじ紹介やネタバレをしてきましたが、10月放送開始なのにすでに話題沸騰となっているようです。

放送開始が待ち遠しくて仕方がないです。

日本テレビの201610月期の新土曜ドラマ『THE LAST COP-ラストコップ-』は108日(土)よる9時スタートです。お見逃しなく!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする